建設現場で働いている人は必見!施工管理の仕事内容とは

建設現場で働いている人は必見!施工管理の仕事内容とは

作業の段取りを決めたり、原価計算といった仕事がある

施工管理の仕事内容の一つに挙げられるのが、工程管理です。作業員の人数や配置を決める他、どのように作業を進めて行くかという段取りも行います。必要な機械や工具の手配をし、建設スケジュールの作成及び進捗状況を確認しながら建設スケジュールに遅れが生じていないか確認します。アクシデントや天候などによってスケジュールを変更する際は、関係者と相談した上でスケジュール表を改めて作成します。品質を保ちつつ、納期までに工事を完了させる能力が求められてきます。また原価管理も施工管理においては重要な仕事内容です。原価計算を行い、予算と実際に発生した経費を比較し、大きな違いがある場合は原因を調査します。適正な費用で工事を行い、それに見合った利益を確保するのが原価管理の大きな目的と言えます。

品質及び安全管理も施工管理にとっては重要な仕事

施工管理の仕事内容としては品質管理や安全管理もあります。品質管理は指定された材料を使用しているか、寸法に誤りがないかなどを確認し、工事ミスなどの有無を厳正にチェックします。また完成後は建物全体が強度など基準を満たしているか確認するのも品質管理が行う重要な仕事です。一方、安全管理は作業員に対する安全教育の実施や安全に作業するために必要な設備の確保が主な仕事内容となっています。消火設備など必要な機材をそろえておき、避難訓練なども必要に応じて実施します。また看板などを使って危険な箇所や行為を周知徹底させたりする事も安全管理では重要な業務です。

プラントの施工管理は建物を施工するにあたって様々な管理を総合的に行う必要があります。そのため危機管理能力や総合マネジメントをスキルに持つ人に向いています。