意外と簡単に始められてメリットも多い!?工場の仕事

意外と簡単に始められてメリットも多い!?工場の仕事

工場の仕事のイメージ

一口に工場の仕事と言っても、種類は豊富にあります。すべてを一まとめにするのはムリがあるといってよいでしょう。工場というと汗を流すブルーワーカーというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、空調の効いたクリーンルームで食品や医薬品を扱う仕事もあります。また、働く時間帯も朝から夕方までの日勤専属、夜から朝までの夜勤専属、あるいはそれらを交互に繰り返すシフト制などがあります。仕事内容以外にも、自分に合っているかどうかを見極める判断基準が多い仕事だといえるでしょう。

工場勤務でよくある作業内容

工場での作業内容は、重い物を持つ体力系の仕事から細かな目視検査までさまざまですが、一般的には製造、組み立て、検査、ピッキングが多く見られます。製造は物をつくる仕事で、食品工場で揚げ物をつくったり金属加工工場で溶接をしたりします。比較的スキルを必要とする内容が多いといえるでしょう。組み立てはライン作業が多く、ベルコトンベアなどから流れてきた食品や家電製品に対して特定の作業を行います。検査は完成した製品に不良品がないかをチェックする作業などで、ピッキングは指示書に記載された部品などを取ってくる作業です。

どんな人が工場で働いているのか

工場では幅広い年齢層が活躍していることが多く、未経験から始めたという人もたくさんいます。ある一定の作業を続けることが多いため、1つの作業にモクモクと取り組むことが好きな人には向いているといえるでしょう。また、寮費や光熱費の補助が出たり、入社祝い金が支給されるなどのメリットも多く見られます。6か月間などの期間限定の仕事もあるので、とりあえず何か仕事を始めたいという人にはピッタリな選択肢だといえます。

例年、春と秋頃は期間工の契約期間が満了する時期です。この期間は同時に新規の期間工を募集する時期でもあり、寮付きの求人も多くなります